VOICE

大手事業者からの乗り換えでコスト削減! 削減コストで設備投資!

CENTLESSのデジタコを利用する以前は大手事業者のクラウド型デジタコを使用していましたが、リースアップすることになり入れ替えも含めて検討したところ、機器本体の価格だけでなく月額費用も安価になることから決めました。
それまで使っていたデジタコと比較して機能が少ないところが気になっていましたが、実際に利用してみると全く不自由なく使えています。
入れ替えた事によって月約70万円のコスト削減になり、削減分は他の設備投資費用などにあてることができました。

業種:
運送事業者様
導入台数:
75台

日報作成の負担軽減!タイムリーな日報でドライバーの意識も向上!

今まではアナタコを使用していましたので、トラックが帰庫してから日報作成に取り掛かるため、ドライバーに状況確認が出来るのは早くても翌営業日以降になっていました。
管理者が忙しくて日報作成が滞ると数日前の内容をドライバーに確認することになり、十分に状況が分からないことがしばしばありましたが、クラウド型デジタコを導入したお陰で帰庫したらすぐに日報が作成できるので、日報作成にかかる時間が大幅に削減できました。
また、その日のうちに日報をもとにドライバーとコミュニケーションが取れるようになっただけでなく、リアルタイムに位置情報が見れるので、ドライバーの意識も変わり生産性向上が実現できています。

業種:
運送事業者様
導入台数:
8台

簡単操作でアナタコから乗り換え成功!クラウド型はメリット多数!

陸運局からの監査で指摘があり、デジタコ設置が急務となりました。今まではアナタコを使っていたのでデジタコを使いこなせるかが非常に不安だったため、シンプルで安価なものを探していたところ知り合いの運送事業者から紹介されて話を聞いてみました。
SDメモリ型のデジタコでさえ使いこなせるか不安だったのに、ましてやクラウド型デジタコなんて高いし使えっこないと思っていましたが、良い意味で予想外の価格で、さらに操作が簡単なのでドライバーにも使えそうだったのでこれならいけるかも思いました。クラウド型デジタコだと月額費用がかかってしまいますが、初期導入費用が思った以上に安価だったので、当初の予算内に収まることからクラウド型デジタコにしました。
実際に導入してみると、SDメモリの管理もいらず、リアルタイムにトラックの位置情報も分かるので導入して本当に良かったと思っています。

業種:
運送事業者様
導入台数:
12台

国交省型式指定で信頼度抜群!低コストで運行管理が格段に改善!

本来はデジタコの設置義務が無い軽車両ですが、事業が拡大し複数拠点展開となったためアナログな運行管理が困難になっていました。軽車両のため、運送会社用の高機能ものは必要なく、何かあった時にその時の車両の状況が把握できて、リアルタイムに位置情報を把握出来る安価なものを探していました。
CENTLESSのデジタコは国交省型式指定を取得している上に動態管理まで使える本格的なデジタコにも関わらず、想定した価格よりも安く導入出来ることが分かったので即決しました。
おかげで本部からの運行管理が格段にスムーズになった上に、設置義務がない車両にも関わらず国交省型式指定を取ったデジタコを装着しているということが事業者としてより高い責任を果たしているアピールにもつながっています。

業種:
軽貨物事業者様
導入台数:
32台